お~い高知
2018年01月22日(月)

お~い高知

自慢!
ダメだし
何か変
経済
農林水産
政治・行政
観光
歴史
龍馬
出身者
プレスリリース
トップ » プレスリリース » Coffee SAKURA

日本オリジナルの文化であるドリップバッグコーヒーが「OMOTENASHI Selection 2017」を受賞
2017年3月28日 Coffee SAKURA
Yahoo!ブックマーク  del.icio.us newsing Googleブックマーク Choix Flog iza  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

「日本のおもてなしを世界のOMOTENASHIへ」を合言葉に活動しているOMOTENASHI NIPPON実行委員会は、おもてなし心溢れる商品・サービスを募集・発掘し、国内外に発信するプロジェクト「OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)」の2017年度の第2期商品部門の受賞対象全31商品を発表しました。3年目となる2017年度は、募集および発表を商品部門4期、体験・サービス部門1期に分け通年で実施し、プロジェクトのさらなる拡大を目指しております。エントリー総数425の応募を受け、日本人選定員および外国人選定員の選定により、第2期は日本全国16の都道府県から31商品の受賞対象を決定しました。http://omotenashinippon.jp/selection/東海三県では、唯一当店のドリップバッグコーヒーが受賞いたしました。




オリジナルコーヒー豆の販売を手掛ける、株式会社さくら(所在地:愛知県瀬戸市みずの坂5-123、代表取締役:大西文明)は、2017年3月23日(木)、「OMOTENASHI Selection 2017」を受賞しました。

「●●●●受賞対象商品●●●●」

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM4NzAwIzE4MDQ0OCM4NzAwX2FtVUxRUnpqTGguanBn.jpg ]

http://omotenashinippon.jp/prize/selection/2017/sakura/


【背景】

日本は世界中から高品質なコーヒー豆が集まります。そのコーヒー豆を丁寧に焙煎し、日本人が発明したドリップバッグにいたしました。1杯分のコーヒー粉とフィルターが個別包装されており、お湯とカップさえあれば飲むことができます。脱酸素処理により長期にわたって美味しく飲むことができます。
そんなドリップバッグコーヒーを2012年より手がけ、2015年からは海外の展示会に出展、サンプルを配布するなどの海外への発信を行ってきた。


【製品・サービスの概要】

いつでもどこでも簡単に本格的なコーヒーを味わうことができる1杯抽出型のドリップバッグコーヒー。コーヒーは日本では栽培が難しく、「コーヒーベルト」と呼ばれる赤道付近の限られたエリアでのみ栽培可能な飲み物。日本には江戸時代に長崎に伝来し、大正時代以降に一般的に普及した素材だが、日本ならではの「煎りたての美味しさ」や「便利さ」を追求する探究心により、現在では、世界に誇る高い技術をもって加工されている。株式会社さくらでは素材となるコーヒー豆は、中米などの信頼する業者を介して仕入れ、自家焙煎し、さらに焙煎後には、未成熟のものなどを手作業で除去するなど自社のもつノウハウと技術で、手間暇をかけることで高品質のドリップバッグコーヒーを提供。手軽に持ち運ぶことができ、いつでも淹れたての香ばしいコーヒーを楽しめるドリップバッグコーヒーは、日本が誇る技術・文化として発信していきたい一品。

<3つの特長>
1:お湯とカップを用意するだけ
 お湯とカップを用意し、お湯を注ぐだけで、誰でも本格的なコーヒーを味わうことができる。
2:日本品質のコーヒー
 日本には、世界各国から品質の高いコーヒーが集まっており、そのメリットを利用し、美味しいコーヒーを作成。そして、お客様のヒアリングをもとに、多くの方に飲みやすいブレンドコーヒーを作成
3:酸化を防止する日本の技術
 缶コーヒーも、インスタントコーヒーも日本人の発明。同じように、ドリップバッグコーヒーも日本人が開発したが、まだまだ海外には浸透していない。あったとしても、日本の製造技術は非常に高く、酸素を極限まで排除することで、長期間美味しさを保つことができる。


【今後の展望】

最近、サードウェーブコーヒーというものが流行しているが、もとはといえば、日本の喫茶店のおもてなしの精神をアメリカ人が習いサンフランシスコでブレイクしたもの。それが、日本を始め世界各国で流行している。
素晴らしい日本のコーヒー文化の一つとして、ドリップバッグコーヒーを世界に広め、美味しいコーヒーを通じて幸せを感じる時間を提案していきたい。


【株式会社さくらについて】

本社:〒489-0909 愛知県瀬戸市みずの坂5-123
代表者:代表取締役 大西文明
設立:2010年10月22日(創業2001年7月)
資本金:300万円
Tel:0561-48-7322
Fax:0561-48-7321
URL:http://www.coffeesakura.jp/
事業内容:コーヒー豆の製造販売



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

高知に関する新着ニュース